産業医のニーズは高まりいろいろなビジネス形態があります

産業医とはの概略の紹介

産業医ってなかなか日常で聞かないですよね。これは企業と提携する医者のことで、職場環境を指導したり改善の助言をする役割を持っています。産業医と提携することで、職場環境が維持され従業員が健康で安全に従事する効果があります。また、従業員の健康相談に乗ったりすることで未然に大病やメンタルヘルスを防止することができます。企業と産業医は公的機関を仲介してサービスを無料で受けたり、企業が独自で契約する2つの形態があります。

産業医のニーズについての紹介

産業医のニーズは高まる傾向にあります。法律でも社員意識調査を通して社員のメンタル状況を把握するというものが施工されているからなのですよ。従業員にどんなアンケートをとって、集計してどう分析するかは多大なノウハウを有します。さらには、1つの部署を立ち上げなければならないほど業務は高負荷で専門性が高いものとなっています。最近うつ病が流行っていますよね。しかし上司だけでは対応できず専門の産業医がいることで解決します。

産業医の具体的な仕事

産業医の具体的な仕事は次のようになります。職場巡視で上長と職場を同行することで、作業環境を指摘します。例えば、難姿勢で作業しているかとか、分煙化が進んでいないとか、照明が暗いとかなどです。災害が起きれば是正の視点で巡視することがあげられます。改善策もこんな道具があるとか具体的な助言もしてくれますよ。次に健康診断の結果を分析してくれます。医者を紹介して再検査を受けたり、食事など生活習慣の指導をしたりと様々です

産業医の募集は現在では多くありますが、企業に雇用してもらえますので、給与面などの待遇はとても安定します。